トップ >  オンライン英会話がサービスとして一種の発明だという理由

オンライン英会話がサービスとして一種の発明だという理由

2014年06月05日
オンライン英会話がサービスとして一種の発明だという理由

この記事のまとめ

  • あなたが会話の主導権を握る事がとても重要。
  • 質問力を徹底的に鍛える事も重要。

オンライン英会話がサービスとして一種の発明だという理由

オンライン英会話は英語業界を変えたと行っても過言ではありません。
従来の英会話は、スクールに通学するか、家庭教師をつける、留学をする。
などリアルに通学という行為をして行っていました。
しかし、昨今のインターネットの普及とフィリピンという国に目を付けた事から
こんなにも身近に手軽に英会話に触れる事が出来るようになりました。

フィリピンという近くてノーマークだった国

フィリピンはアジアで唯一の英語を公用語として使用している国
また、世界で3番目の英語国と言われています。
日本との時差も1時間で、とてもホスピタリティーにあふれた国柄から
とても日本人との相性がよい国民性
これだけの好条件が整っており、賃金も安く人材も豊富というリソースの充実
ここに目を付けたというのが第一の始まりです

スカイプという無料通話の普及

現在ではLINEやカカオトークなど無料の通話アプリが普及していますが
オンライン英会話が普及し始めた頃はスカイプが無料の通話サービスの主流でした
音声品質も電話と比べられないほど良く、画面シェアやファイルの送信、テキストの送信
など学習をするための機能がぎゅっと詰まっていました。
フィリピン×スカイプというこのミックスがオンライン英会話のビジネスの起爆になりました。

格安でマンツーマンが受けられる

従来の英会話はグループレッスンが主流で、一人当たりの会話の時間が限られていました。
また、大勢の前で話をするというのは気が引けるという人も沢山いたと思います。
その中で、フィリピンとの経済格差の利用をしたマンツーマンレッスンが格安で出来る。
というのが最大の起爆剤になりました。

オンライン英会話がもたらしたもの

現在では180近くのオンライン英会話スクールがあり、
10000人以上の講師が日系のオンライン英会話スクールで働いている計算になります。
このオンライン英会話が普及してからというものフィリピン国内ではコールセンター産業は
花形の仕事となり、現地の人たちにとっても良い給料で良い仕事という好循環をつくりました。

初心者向け対応のスクールはこちら

<div class="writer-profile">
<div class="txt-picup m-b-10px">この記事を書いライター</div>
<dl>
<dt><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/information/writer-kiryu/"><img src="<?php bloginfo('template_directory');?>/images/contents/writer/kiryu.gif" /></a></dt>
<dd>ペンネーム:桐生 忠彦<br />
只今、準備中です。
<div class="box-list-bottom"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/information/writer-kiryu/">&gt;&gt;詳しく見る</a></div>
</dd>
</dl>
</div>

このお役立ち情報は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人中0人がこのお役立ち情報は役に立ったと言っています。

<!– そのほかの目的から探す single.php page.php content-competence.php content-report.php –>
<div id="other-goal-wrap">
<h3>そのほかの目的から探す</h3>
<div class="other-goal">
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon08"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/school-list/">スクール一覧</a></dt>
<dd class="icon01"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/beginner-list/">初心者</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon02"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/children-list/">キッズ</a></dt>
<dd class="icon03"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/business-list/">ビジネス</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon04"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/curriculum-list/">カリキュラム</a></dt>
<dd class="icon05"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/time-list/">空き時間に </a></dd>
</dl>
<dl>
<dt class="icon06"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/trabel-list/">海外旅行</a></dt>
<dd class="icon07"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/conmpany-list/">法人での導入</a></dd>
</dl>
</div>
</div>