トップ >  自主トレーニングに最適! 無料で使える英会話教材ベスト5

自主トレーニングに最適! 無料で使える英会話教材ベスト5

2014年01月22日
オンライン英会話無料教材

この記事のまとめ

  • 英会話学習は先生と会話している時だけでなく、日常的な学習が必須
  • ちょっとした会話文を覚えていくのも一つの方法
  • 洋画や海外ドラマなどを観ている時に「聞き取れた!」が増えてくるとモチベーションアップにもなる

英会話の例文を無料で手に入れることができるサイト

オンラインスクールで英会話を学ぶ際には、先生と会話している時だけでなく、日常的な学習が必須です。毎日の自主トレのためには、いきなり、長文を読むのではなく、ちょっとした会話文を覚えていくのも良いでしょう。
今回は、英会話の例文を無料で手に入れることができるサイトをご紹介します。

翻訳サイトから、英会話の例文をピックアップ

ポータルサイト@niftyが行っている、英語・韓国語・中国語などの翻訳サービス「@nifty翻訳」では、英話の例文に特化した、特集ページがあります。
ここでは、あいさつなどの「日常会話」から、旅行先での「空港」「ホテル」といったシチュエーションごとの会話文が紹介されています。

たとえば、旅行先でネットに接続したい時には、以下のような例文。

" Is there any place I can use the Internet near here? "
(近くにインターネットを使える場所はありますか。)

2000を超えるセンテンスが用意されてますので、時間が空いた時には、ブラウザでダラダラニュースを読んだりせずに、このサイトで例文を丸暗記したいですね。

→ @nifty翻訳|英会話の例文集

紙で勉強したいなら、子供向けの学習シート

“tlsbooks.com” は、米国の小学生が使う学習教材がダウンロードできるサイトです。
理科や地理、歴史など学科ごとのPDFファイルが用意されているので、自分の得意な教科の英文を読んでみてはいかがでしょうか。
音楽の分野では「G線上のアリア」などで有名な、J・S・バッハの生涯を紹介したワークシートなど、英語で書かれた色んな読み物があります。
学習教材なので、単に読むだけでなく、章末には問題が用意されていますので、自分の読解力もチェックできます。

→ tlsbooks.com

伝えたいことがあるなら、例文を検索

メールや、SNSのメッセージで伝えたいことがあるのだけど、例文がでてこない。
そんな時には、Weblio辞書が用意している、「英語例文検索 ~ビジネスメールや英文の手紙の文例~」が使いやすいです。
例文の調べ方は、テキストボックスに調べたい文章を直接入力する方法だけでなく、文章例が五十音で並んでいるので、そのリンクをたどっていくこともできます。

たとえば、同じ「ぜひともお願いします」という場合でも、

・相手の手助けが重要ならば、
"Your help is essential."
・そうしてください。と相手にお願いするなら、
"Yes, please do so."

ほかにも、多種の「ぜひともお願いします」を調べることができました。

→ Weblio辞書|英語例文検索

発音も知りたいなら、毎日1文を読み上げてくれる音声付きの会話文サイト

英和・和英辞書「英辞郎」や、数多くの学習教材を発行している「スペースアルク」の英会話サイトでは、毎日1文ずつ英会話文を紹介してくれています。
テキスト例文だけでなく、ブラウザ上で読み上げてくれる音声付きの例文なので、発音に自信がない人は要チェックです。
毎朝パソコンを立ち上げる時には、このページを見るなど、自分のルーティンに組み込めば、英文を読む習慣が身につくと思います。

→ 英会話お役立ち表現100

英会話スクールの無料教材

オンラインスクールの「レアジョブ」では、体験レッスン(無料)を受講することでダウンロード可能になる「体験レッスン教材」が用意されています。
初心者向けの文法教材は、サイトから直接閲覧(PDF)することもできるので、自分のレベルを知るためにも、教材を確認してみてください。

→ 教材について | オンライン英会話のレアジョブ


以上の5サイトで、かなりの例文が集まりました。
定期的に巡回することで、少しずつ英文を覚えていくのも良いですし、自分の知りたい会話文を徹底的に調べてみるのも楽しいです。

決まりきった挨拶文などは、文法を意識することなく、受け答えとして反射的に口からでるものですから、丸暗記が一番なのではないでしょうか。
会話文を覚えておけば、洋画や海外ドラマなどを観ている時に「聞き取れた!」ということが増えてきますから、英語学習のモチベーションアップにもなりますよ。

 

初心者向け対応のスクールはこちら

<div class="writer-profile">
<div class="txt-picup m-b-10px">この記事を書いライター</div>
<dl>
<dt><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/information/writer-kiryu/"><img src="<?php bloginfo('template_directory');?>/images/contents/writer/kiryu.gif" /></a></dt>
<dd>ペンネーム:桐生 忠彦<br />
只今、準備中です。
<div class="box-list-bottom"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/information/writer-kiryu/">&gt;&gt;詳しく見る</a></div>
</dd>
</dl>
</div>

このお役立ち情報は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人中0人がこのお役立ち情報は役に立ったと言っています。

<!– そのほかの目的から探す single.php page.php content-competence.php content-report.php –>
<div id="other-goal-wrap">
<h3>そのほかの目的から探す</h3>
<div class="other-goal">
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon08"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/school-list/">スクール一覧</a></dt>
<dd class="icon01"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/beginner-list/">初心者</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon02"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/children-list/">キッズ</a></dt>
<dd class="icon03"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/business-list/">ビジネス</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon04"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/curriculum-list/">カリキュラム</a></dt>
<dd class="icon05"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/time-list/">空き時間に </a></dd>
</dl>
<dl>
<dt class="icon06"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/trabel-list/">海外旅行</a></dt>
<dd class="icon07"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/conmpany-list/">法人での導入</a></dd>
</dl>
</div>
</div>