トップ >  気になるあのスクール経営者にインタビューをしてみた
VOL.7 NIA

気になるあのスクール経営者にインタビューをしてみた
VOL.7 NIA

2014年04月03日

VOL.7 NIA

=NIA =マツクス(インタビュアー)

Q1: オンライン英会話スクールを始めた経緯を教えてください。

二: オンライン英会話Niaは、Niaのカルチャースクールプロジェクトの最初の事業の一つとして開始しました。元々Niaはオンライン英会話スクールだけではなく、オンライン上でできる全ての学びを提供することを考えています。何故オンライン英会話からスタートしたかは、あくまで私自身が知っている業界だからだけの話でした。
 
マ:『Niaのカルチャースクールプロジェクト』とても興味深いキーワードですね。確かにオンライン学習は英会話だけでなく様々な教育でも活用できる可能性を感じます。今後『Niaのカルチャースクールプロジェクト』がどのように進展していくのかとても楽しみです。

Q2: 生徒様とのほっこりするエピソードなどがあったら教えてください。

二: ほっこりというようなエピソードは開始間もない状態ですので、まだ無いのですが、ベータ版にて、募集した生徒様から、多くの感謝の声を頂戴しました。

Q3: 『英会話初心者に特化』とありますが、何故、初心者英会話に特化したのでしょうか。

二: 私自身が全くもって英語ができないということもあり、英語が使えない辛さというのを日々感じております。言ってしまえば英会話コンプレックスのような状態です。その気持ちを感じている方に対して、少しでも解消ができればと思ったのがキッカケです。
オンライン英会話Niaのコンセプトは、英語が全くできない日本人の方に対して気持ちを近づけるという意味のnearをNiaと表記しています。

マ:私も英会話コンプレックスを持っていた人としてすごく共感が出来ます。日本語が通じない空間で、英語だけで会話をしていくというのは、やはり英会話コンプレックスを持っている人にとってはとても緊張するものだと思います。このような想いを持っている日本人は少なくないと思うのできっと共感する方は多いのではないでしょうか。

Q4: 独自開発のオンライン英会話専用ソフトを採用されておりますが、こちらについて少し詳しく教えていただけますでしょうか。

二: システム内容としては、オンライン英会話コンシェルジュ様がレンタル提供しているVELというシステムを採用しました。このシステムはスカイプよりは通信があまりよくない面もあるのですが、学習するにあたって豊富な機能が多く、声を録音したり、ホワイトボードがあったりと学習サポートが充実しています。

Q5: 日本人講師のみを採用した理由を教えていただけますでしょうか。

二: Niaではお客様に対する気遣いをモットーにし、最大限に注視するよう心がけております。
一般的に考え、男性よりも女性の方が気遣いを尊重する傾向があることから、Niaでは女性講師に特化した形で講師採用をしております。
採用面接の際に、いかに気遣い/思いやりを持ってレッスンをするかを重視し、実際のレッスンの際に生徒様が少しでも不安にならないようにすることを一つのミッションとしております。

マ:価格だけでなく『気遣いや思いやり』といったホスピタリティの面でのサポートはユーザー様にとってはとても嬉しいものですね。やはり同じ日本人同士だから分かるニュアンスがある中で御社のサービスは実に的を得ていると感じます。

Q6: 女性講師限定オンライン英会話スクールNIA様では、講師の方はどのように採用をされているのですか?講師を採用される際に一番重点を置いているところを教えてください。

二: 面接をするにあたって必ずデモレッスンを行っております。その際に、ティーチング能力を確認しているのですが、その中で対象者があくまで初心者ということを意識できている方というのを一番高い採用基準にしています。

マ:面接の段階でデモレッスンを行うのは生徒様からすると、とても安心出来ますね。さらに初心者目線が持てているかを重要な採用基準にしているところなど初心者にはとても嬉しい話です。

Q7: 毎月届くレッスンレポート・対策レポートは、どのように作成されるのですか?

二: Niaの講師のみが利用できる、フィードバックレッスンレポートシステムというものがあります。これは講師が、各担当している生徒に対して毎月末に「聞く」「話す」「語彙」「書く」「発音」の5項目をダイヤグラフと各項目と総合的な部分にて講師コメントがpdfレポートとして送られるシステムです。

マ:5項目に分かれてレポートが来るので、これなら自分の得意分野、不徳分野が明確になりどの分野を強化すればいいのか対策が立てやすくなりますね。

Q8: お客様からのご意見等はどのようにフィードバックしていくのでしょうか?

二: 何分、まだはじまったばかりのスクールですので、フィードバックに対しては愚直に行動を起こすだけでしょうし、縛られているものもないので反映されやすい環境ではあると思います。

Q9: NIA様が目指している理想のスクール像を教えてください。

二: Niaが目指しているのは、学びのエンターテイメント空間をウェブ上で構築することです。上述している通り、オンライン英会話はその一部となります。まずはテスト的な意味合いで、オンライン英会話というものを提供し、またそれに並列する形でオンライン英会話に近い産業を取り入れます。またそこから近いものを、、、という風にオンライン英会話を含めた学べる空間を提供していくことを目標にしています。

マ:昨今のグローバル化に伴い現在そして今後も学習形態はオンラインを併用していくものになっていっております。今後様々な学びがオンラインで学習できる日を想像するととても楽しみになってきますね。とても貴重なお話ありがとうございました。

編集後記
学びのエンターテイメント空間をウェブ上で構築するという素晴らしいお話をNIA様から聞け将来の学習形態を想像することがとても楽しみになった取材でした。
また、オンライン英会話ではご自身の英会話コンプレックスだった体験談を基に初心者に特化したサービスの展開、きっと英会話コンプレックスの言葉に共感する方はたくさんいると思います。
日本人講師、女性講師限定など、初心者の方にとってとても入りやすいワードではないかと私自身、英語が苦手な人なのでとても感じました。
事業を開始され今後どのように展開をしていくのかとても楽しみなスクールさんでした。

インタビュアー
マツクス(オンライン英会話マガジン運営代表者)

このお役立ち情報は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人中0人がこのお役立ち情報は役に立ったと言っています。

<!– そのほかの目的から探す single.php page.php content-competence.php content-report.php –>
<div id="other-goal-wrap">
<h3>そのほかの目的から探す</h3>
<div class="other-goal">
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon08"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/school-list/">スクール一覧</a></dt>
<dd class="icon01"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/beginner-list/">初心者</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon02"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/children-list/">キッズ</a></dt>
<dd class="icon03"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/business-list/">ビジネス</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon04"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/curriculum-list/">カリキュラム</a></dt>
<dd class="icon05"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/time-list/">空き時間に </a></dd>
</dl>
<dl>
<dt class="icon06"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/trabel-list/">海外旅行</a></dt>
<dd class="icon07"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/conmpany-list/">法人での導入</a></dd>
</dl>
</div>
</div>