トップ >  気になるあの先生にインタビューをしてみた
VOL.1 hanaso Cassey(ケーシー)先生

気になるあの先生にインタビューをしてみた
VOL.1 hanaso Cassey(ケーシー)先生

2014年01月11日
オンライン英会話 hanaso

今年はオンライン英会話を始めよう!!
講師名:Cassey(ケーシー)
性別:女性
年代:30代
日本語レベル:英語のみ
講師歴:2年以上
学科:工学系
自己紹介:
こんにちは。オンライン英会話hanasoの講師Cassey(ケーシー)です。
私は電子工学の学士を取得しました。

現在私はシンガポールを拠点とする会社でテクニカルコンサルタントとして働いています。
多国籍企業で働くことや異文化に触れたことによって、英語のスピーキングの価値を改めて感謝することができました。
フィリピンでは、技術者は英語に長けていないという共通の印象がありますが、私はそれが間違いであることを証明することができました。

英語のスピーキング力を助けるお手伝いをさせてください。
楽しく学べるように全力を尽くします。

私は香港やインド、マカオ、マレーシア、シンガポール、韓国、タイそしてグアムに行った経験がありますが、日本にはまだ行ったことがありません。
日本文化についてもっと学びたいと思っています。
いつか東京へ訪れるつもりです。

好きなこと:ショッピング、ファッション、写真、歌う、ジムで踊る、ピラティス、ヨガ、マラソン、旅行、犬、冒険、ブログ、読書(若い女性向け小説)、ビーチ、料理

この記事のまとめ

  • hanasoのCassey(ケーシー)先生
  • 楽しんでもらえるようにコミュニケーションを取ることを心がけている
  • 「使えるものは全部使う」
  • とにかく「定期的に英語に触れること」
  • 多くの英語を聴き、多くの英語を話すようにしてほしい

今回インタビューさせて頂いたのは、hanasoのCassey(ケーシー)先生です。2013年 12月

ケーシー先生のオンライン英会話の講師歴は2年と3カ月。
現在はパートタイマーとして教えていますが、以前はフルタイムで教えていたこともあるということでした。
なぜオンライン英会話講師になろうと思ったのかと聞くと、彼女は学生時代から英語に興味があり、教師になることも考えていたそうです。
しかし実際には電子工学の分野に進んだため、英会話講師になることを諦めていましたが、オンライン英会話の普及によって夢を両立させることができたと話してくれました。
もともと人と話すのが好きで、旅行をしては旅先で色々な人と話をしていたということですので、オンライン英会話講師としても生徒たちとの出会いを楽しんでいるようでした。

初心者を教える時に気をつけることは?

今回のインタビューで私が最も気になっていたのは、初心者に対してどのように英会話を教えるのかということです。
ケーシー先生にどのようなことに気をつけているかと訊ねると、ウェブカメラでジェスチャーを見せたり、生徒と講師に配られている簡単な英語と日本語の表現集なども使ったりして、楽しんでもらえるようにコミュニケーションを取ることを心がけているとのことでした。
あとはSkypeのチャット機能を使い、英文をつかって理解してもらうこともあるそうです。
「使えるものは全部使う」という言葉がとても印象的でした。

思い出に残っているエピソードは?

最初に話してくれたのは、ケーシー先生の授業を毎日のように受けていたというビジネスマンのことです。
1年ほど授業を定期的に受けていて、家族の姿なども一緒に見せてくれていたほど、とてもケーシー先生のことを信頼していました。
ところが仕事が忙しくなり、授業を受ける余裕が無くなってしまったということでオンライン英会話をやめることになった時、ケーシー先生にE-mailを送ってくれたそうです。
そこに、「今まで大変お世話になりました。仕事に余裕ができたら、またぜひ授業を受けたいです」という内容が書かれていて、とても感動したと話していました。

他には5歳の女の子に英語を教えたり、60歳の女性から日本の歴史を教わったり、教えていた生徒と日本ではなくベトナムのハノイで会ったことなどが思い出に残っているそうです。

オンライン英会話が普及してきた時は忙しいビジネスマン向けの英会話サービスという認識を持っていましたが、多様な年代から指示されているということがわかり、とても驚きました。

英語を習得する上で最も重要だと思うことは?

ケーシー先生が強調していたことは、とにかく「定期的に英語に触れること」でした。
学生時代に中国語を勉強したことがあったそうですが、授業が終わってから中国語を話す機会がなかったため、使わないままに諦めてしまったそうです。
そこで、オンライン英会話を検討している方にはなるべく定期的に英語を使う環境を持つことが大切だと話してくれました。
生徒の多くは英文を読んだり理解したりすることはできるのに、それが音声として耳から入ってくると理解が出来ず、答えることもできなくなってしまいます。
それを克服するためにも、多くの英語を聴き、多くの英語を話すようにしてほしいとのことでした。

終わりに

1コマが25分なので、インタビューもあっという間に終わってしまった感じがしました。
感想としてはケーシー先生の話す英語はアメリカ英語のアクセントに近く、とても聴きやすいものでした。
先生にそのことを伝えると、子供時代から映画やドラマを観たり、英語の歌の真似をしたりしてアクセントを学んだそうです。

今回はインタビューのため、あまり深い話はできませんでしたが、ケーシー先生の魅力の1つとしてITの専門家であるという点が挙げられるかと思います。
先述したビジネスマンの方も、ケーシー先生と同じITの仕事をしていたため、より専門的な英語を学べたということを感謝していたということです。

仕事で必要な英会話というのは専門性が高くなってくると多様化してくるので、専門性を持った英会話講師というのはとても魅力的だと思いました。
IT関連の英語を勉強したい方は、ケーシー先生と話してみるのもいいかもしれません。

それでは、また。

記事 written by シュウ

このお役立ち情報は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

1人中1人がこのお役立ち情報は役に立ったと言っています。

<!– そのほかの目的から探す single.php page.php content-competence.php content-report.php –>
<div id="other-goal-wrap">
<h3>そのほかの目的から探す</h3>
<div class="other-goal">
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon08"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/school-list/">スクール一覧</a></dt>
<dd class="icon01"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/beginner-list/">初心者</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon02"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/children-list/">キッズ</a></dt>
<dd class="icon03"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/business-list/">ビジネス</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon04"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/curriculum-list/">カリキュラム</a></dt>
<dd class="icon05"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/time-list/">空き時間に </a></dd>
</dl>
<dl>
<dt class="icon06"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/trabel-list/">海外旅行</a></dt>
<dd class="icon07"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/conmpany-list/">法人での導入</a></dd>
</dl>
</div>
</div>