トップ >  まだまだ伸びる予想!オンライン英会話の市場規模

まだまだ伸びる予想!オンライン英会話の市場規模

2013年12月08日
オンライン英会話市場規模

この記事のまとめ

  • B to C(企業と消費者間)におけるeラーニングの規模が100億円を越える
  • 理由としては、ブロードバンド回線が一般化したこと。通話料無料のシステムが充実して来たこと
  • ビジネスに必須のスキルとして英会話が重要視されている
  • 「好きな時間に、好きな場所で」受講できるオンライン英会話に、人気が集まる

近年ぐんぐんと市場規模を伸ばしているオンライン英会話。

矢野経済研究所など、市場調査会社の発行するレポートでも、B to C(企業と消費者間)におけるeラーニングの規模が100億円を越えたことが発表され、オンライン英会話にDMMなど、大手のIT企業が参入して来たことも話題となりました。
その理由としては、ブロードバンド回線が一般化したこと。通話料無料のシステムが充実して来たことにあるようです。

現在までの推移

インターネット回線が整備される以前はもちろんのこと、モデムやADSLといった通信が主流だった時代には、英会話を習うには教室に通うのが必須。いわゆる「駅前留学」が、一般的な英会話教室でした。
今でも対面式の英会話教室は、様々な地域で開かれており、留学生がアルバイト感覚で英語を教えていたり、通訳者を養成するための専門的なスクールがあったり、そのレベルも多様です。
それらの教室の問題は、決まった時間帯に教室へ通わないといけないことですね。
退職した方なら、時間にも余裕があるかもしれませんが、毎日定時で終業するとは限らない現役の会社員にとっては、ちょっと厳しい条件です。

そういった背景から、「好きな時間に、好きな場所で」受講できるオンライン英会話に、人気が集まるようになりました。

業界急成長の背景

多くの企業が海外取引をする中で、教養としてだけでなく、ビジネスに必須のスキルとして英会話が重要視されています。
また、仕事だけでなく趣味の世界でも同様で、インターネットを使った情報収集には英語のスキルは欠かせません。
そういった理由から、英語学習の必要性は高いのですが、既存の英語教室は、先ほどのように「場所と時間に拘束される」という問題のほかに、費用が割高という欠点がありました。

専用のTV電話を用意するなど、既存の英会話教室でもオンラインで学ぶ体制を用意したものの、料金体系までは変えることができませんでした。
現在主流となっているSkypeを利用した、オンライン英会話と比較すると、受講料が割高になってしまいます。

格安のオンライン英会話教室であれば、一コマ25分のレッスンを200円程度で受講することが可能です。

未来の予想

現在のオンライン英会話のシステムは、「Skype」が主流ですが、ほかにも無料通話アプリを開発~運営している企業もあるので、そういったシステムの採用も予想されます。
LINEのスタンプ機能のように、遊び心のあるSNSを組み合わせれば、講師からレッスンを受けている時間だけでなく、日常的にも「英語を学習しているんだ」という意識を、高めることができるのではないでしょうか。

 

ビジネスコース対応スクールはこちら

<div class="writer-profile">
<div class="txt-picup m-b-10px">この記事を書いライター</div>
<dl>
<dt><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/information/writer-kiryu/"><img src="<?php bloginfo('template_directory');?>/images/contents/writer/kiryu.gif" /></a></dt>
<dd>ペンネーム:桐生 忠彦<br />
只今、準備中です。
<div class="box-list-bottom"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/information/writer-kiryu/">&gt;&gt;詳しく見る</a></div>
</dd>
</dl>
</div>

このお役立ち情報は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人中0人がこのお役立ち情報は役に立ったと言っています。

<!– そのほかの目的から探す single.php page.php content-competence.php content-report.php –>
<div id="other-goal-wrap">
<h3>そのほかの目的から探す</h3>
<div class="other-goal">
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon08"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/school-list/">スクール一覧</a></dt>
<dd class="icon01"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/beginner-list/">初心者</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon02"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/children-list/">キッズ</a></dt>
<dd class="icon03"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/business-list/">ビジネス</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon04"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/curriculum-list/">カリキュラム</a></dt>
<dd class="icon05"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/time-list/">空き時間に </a></dd>
</dl>
<dl>
<dt class="icon06"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/trabel-list/">海外旅行</a></dt>
<dd class="icon07"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/conmpany-list/">法人での導入</a></dd>
</dl>
</div>
</div>