トップ >  品質が高いオンライン英会話スクールについて考えてみた

品質が高いオンライン英会話スクールについて考えてみた

2013年10月16日
品質が高いオンライン英会話スクールについて考えてみた

 

皆さんオンライン英会話で「品質」という言葉をよく耳にすると思いますが
どのようなレッスンに品質の高さを感じますか?

ネット上でも、「オンライン英会話 品質が高いスクール」「オンライン英会話 品質」などで検索される方が多くいらっしゃいます。

今回はオンライン英会話における品質について少し掘り下げて考えてみました。

あくまでも主観ですのでこれが品質を定義するものでは在りませんのであらかじめご了承ください。

この記事のまとめ

  • 品質が高いってどんなレッスンの事をいうのか?
  • 私が考える品質の高いオンライン英会話レッスン

品質が高いってどんなレッスンの事をいうの?


品質の高いレッスンとは?

品質はとても重要。なぜならお金を払った分以上なにか身につけられるものがあるか
もしくは体験ができるか。要するにお金以上の満足を得られるか。ということにあると思う。
そこでオンライン英会話、特に英語学習においての品質の高さという点では、
「成長を感じられる」という点が上げられると思う。

成長を感じるポイントはさまざまでも

人によって成長を感じるポイントは様々です。
例えば、TOEICなどの試験対策の場合は、
目に見えてテストの結果というものが点数で表現されていれば
それは成長を感じるポイントになります。

しかし、今回はテストなどではなく英会話という観点で考えて見ます。

英会話においての成長とは、楽しみながらコミュニケーションが出来たか?

に尽きるのではないかと思います。
そこで重要になるのが講師

コミュニケーションを円滑に、もっと喋りたい、もっと話を聞きたい
そう自分の中で心が動いたらそのレッスンはあなたにとってコミュニケーションの欲求を刺激するレッスンとなり自然と英語を話したい、聞きたいという姿勢に変わります。

これは自分にとっての成長を感じるポイントになりませんか。

例えば私は決して満足に英語を喋れるわけではありません
しかし、共通の趣味を持った海外の人などと話をする場合は必死で伝えようとしますし真剣に耳を傾けます。
なぜならものすごく興味があるからなのです

英会話とはコミュニケーション手段でしかありません。
コミュニケーションとは相手に興味を持ち、共感をしたり共有をするための行為です。

本来は楽しみながら会話をする。ここが第一のポイントになると思います。
その過程でもっと伝えたい、もっと知りたいという欲求が自分の知識量を上回ったときに
インプットが効果的になるのではないかと考えています。

私が思う質の高いレッスンとは


私が思う質の固高いレッスン

質の高いレッスンとは成長を感じられる、成長を体験できたレッスンだと考えています。
そのためには積極的に自分の興味をかきたてるのが一番の秘策。
興味を掻き立てるトピックをたくさん持っている先生は自分にとって良い先生となります。
逆にトピックはたくさんあるが自分にとって興味を掻き立てられないレッスンを提供する先生は自分にとって合わない先生とはなりませんでしょうか。

出来る限りレッスンをする際は興味の掻き立てられるトピックでの話題でレッスンの要望を出す。

などをすればもっともっと1回のレッスンの品質が高くなると思います

以前に書いた記事で「初心者の方必見自分にあった「オンライン英会話スクール」と出会うための4つの方法」というのもあわせて読むとよりよい先生と出会える方法が分かるかもしれません。

皆さんもオンライン英会話で成長体験を!

このお役立ち情報は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人中0人がこのお役立ち情報は役に立ったと言っています。

<!– そのほかの目的から探す single.php page.php content-competence.php content-report.php –>
<div id="other-goal-wrap">
<h3>そのほかの目的から探す</h3>
<div class="other-goal">
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon08"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/school-list/">スクール一覧</a></dt>
<dd class="icon01"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/beginner-list/">初心者</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon02"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/children-list/">キッズ</a></dt>
<dd class="icon03"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/business-list/">ビジネス</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon04"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/curriculum-list/">カリキュラム</a></dt>
<dd class="icon05"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/time-list/">空き時間に </a></dd>
</dl>
<dl>
<dt class="icon06"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/trabel-list/">海外旅行</a></dt>
<dd class="icon07"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/conmpany-list/">法人での導入</a></dd>
</dl>
</div>
</div>