トップ >  8つのオンライン英会話の効果的な利用方法

8つのオンライン英会話の効果的な利用方法

2013年10月11日
8つのオンライン英会話の効果的な利用方法

最近流行のオンライン英会話。
多くのユーザーの方が「オンライン英会話利用方法」というキーワードで検索されて
当サイトに訪れていただけるようになって来ました。
そこで、今回はオンライン英会話の効果的な利用方法を
オンライン英会話マガジン編集者で検証をして見ました。

この記事のまとめ
オンライン英会話マガジン編集者が本気で考えてみたオンライン英会話の効果的な8つの利用方法

  • 1.コンプレックスを克服し等身大の自分を打ち出せるのではないか?
  • 2.オンライン英会話を活用して社交的になれるのではないか?
  • 3.レッスンの目標を明確にすることで効果は倍増!?
  • 4.スケジュールを立てて自分をほめてあげる
  • 5.逆に先生になってみよう
  • 6.毎回ビデオを撮って確認をする
  • 7.先生のいいところを10個探してみよう
  • 8.時には先生に悩みを相談してみよう

コンプレックスを克服し等身大の自分を打ち出せるのではないか?

英語の苦手意識の一つにコンプレックスがあるのではないか?
という話題が出てきました。
このコンプレックスをさらに深堀していくと

・上手く伝えられないときに恥ずかしい思いをする
・上手に伝えられないときに先生に退屈させてしまう
・発音や文法に自身がないから恥ずかしい

などなど。

でも、これらは実は思いすごしの方が多い気がします。
なぜなら、

・オンライン英会話はマンツーマンだから他の生徒と比較をしない
・講師は講師としての自覚があるため、懇切丁寧に教えようとする

 
そうなんです。あくまでもオンライン英会話で話をする人は講師なのです。
講師は教えることを生業としたプロフェッショナルなのでまずは等身大の自分を
さらけ出し講師にゆだねましょう

オンライン英会話を活用して社交的になれるのではないか?

オンライン英会話の魅力としてマンツーマンのほかにある要素として
「講師を毎回変えることが出来る」という要素があります。

英会話が出来たとしてもコミュニケーション能力が無ければ何の意味がないという
人がいました。
私もその通りだと思いました。
英会話とはあくまでもコミュニェーションの手段でしかなく目的では在りません。
従って、毎回講師を変えるなりし、毎回新鮮な気持ちで新たな講師とレッスンをすることで
人見知りなどを克服できるのではないのでしょうか?

レッスンの目標を明確にすることで効果は倍増!?

オンライン英会話は安くて気軽に始められることから、なんとなしにレッスンを受けていませんか?
あくまでもオンライン英会話はアウトプットの場でしかありませんので、語彙力などはご自身で勉強する他ありません。

そこで、自分なりに目標を明確にしてみてはいかがでしょうか?
大きな目標では無く、例えば、今日はこのトピックで先生を笑わして見る!
などレッスンごとに小さな目標を定めることがすぐに結果も分かるのでモチベーションもあがりますよね。

結局英会話はモチベーションの維持と継続が大切になるので、1レッスンごとに目標を定めてみてはいかがですか?

スケジュールを立てて自分をほめてあげる

オンラインレッスンは気軽に始められるからこそ、気軽に休んでしまうことも多々あります。
英会話は継続が大切なので、便利なことは継続につながりますが、その反面もしかり。

そんなときに便利なのが、レッスンの予定をしっかりと管理をして毎月どれだけ不履行があったかをチェックするということです。

例えばすべてのレッスンを消化できたら自分へのご褒美をあげるなど。しっかりと出来たら自分をほめてあげましょう。

逆に先生になってみよう

何よりもの上達の近道としては、人に教えてあげること。
これは自分の知識をアウトプットすることで整理をすることができて身になりやすいといったものです。

例えば講師に日本の歴史などを英語で教えてあげてはいかがでしょうか?
異文化交流にもなりますし、自分の持っている知識を一度英語に直し、伝える必要があるため
一石二鳥になります。

そして自分が教える立場になるということは分かってもらえたときの達成感はすがすがしいのではないでしょうか。

毎回ビデオを撮って確認をする

英語は耳で覚えるとよく言いますが、実際のレッスンの風景などを動画で撮影するか、デスクトップ録画などをして保管しレッスン終了後に確認してみてはいかがでしょうか?

見直すことで客観的に自分を判断することが出来ます。
また、自分の話をした内容などを日本語に翻訳してブログなどで記事としてアップするなんてのもいいかもしれませんね。

先生のいいところを10個探してみよう

レッスンをしているときはとても集中をし余裕がなくなることがあると思います。
そこで、レッスン後にその先生のよかった点を探して記録をつけてみましょう。
よいところを探せるということはそれだけ余裕が出てくるということです
先生のよいところを探してみてはいかがでしょうか?

時には先生に悩みを相談してみよう

例えば仕事で何かいやなことがあった、友達や恋人と喧嘩をしてしまった。
そんなときは先生に英語で相談をしてみてはいかがでしょうか?
先生と生徒という立場ではなくひとりの人間同士として悩みを相談してもいいかもしれませんね。

そんな考えかたもあったんだぁとグローバルな悩み解決方法なども見つかるかもしれませんね。

以上オンライン英会話マガジン編集者が考えてみたオンライン英会話の効果的な活用方法でした。

このお役立ち情報は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

1人中1人がこのお役立ち情報は役に立ったと言っています。

<!– そのほかの目的から探す single.php page.php content-competence.php content-report.php –>
<div id="other-goal-wrap">
<h3>そのほかの目的から探す</h3>
<div class="other-goal">
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon08"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/school-list/">スクール一覧</a></dt>
<dd class="icon01"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/beginner-list/">初心者</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon02"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/children-list/">キッズ</a></dt>
<dd class="icon03"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/business-list/">ビジネス</a></dd>
</dl>
<dl class="border-bottom">
<dt class="icon04"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/curriculum-list/">カリキュラム</a></dt>
<dd class="icon05"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/time-list/">空き時間に </a></dd>
</dl>
<dl>
<dt class="icon06"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/trabel-list/">海外旅行</a></dt>
<dd class="icon07"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/conmpany-list/">法人での導入</a></dd>
</dl>
</div>
</div>